【Webアプリケーションコース】テックアカデミーを受講してみた感想

やっはろー、ひぐらしです。

昨今のプログラミングブームで、新卒でエンジニアを目指したり、エンジニアに転職することを目指している人がかなり増えています。その中で、プログラミングスクールに通うことを検討していて、TechAcademyを候補の一つに入れている人も多いのではないでしょうか?

プログラミングができるようになって手に職をつけて自由な働き方をするというのに憧れますよね。

ネットの口コミを見てみると大絶賛されているものもあれば、厳しい意見もあってどっちが正しいのかわからなくなってしまいますよね。

ですので今回は、TechAcademyのWebアプリケーションコースを受講した筆者が、皆さんの「実際どうなの?」という疑問にお答えしていきます。

スポンサーリンク

結論

最初に私の結論を言ってしまいます。

お金に余裕がなく独学で勉強を継続できるのであれば、Udemyをオススメするが、お金に余裕があったり、学習の進捗管理をしてもらわないと継続する自信がない人はTechAcademyを受講することをオススメする。

というのが私の結論です。

このような結論に至った理由をテックアカデミーの良いところや悪いところを織り交ぜながら解説していきます。

テックアカデミーの良いところ

1. メンターが現役エンジニア

メンターが現役エンジニアというのは大きなメリットだと思います。

プログラミングに深く精通していて幅広い知識を持っているため、質問に明確に答えてくれるということに限らず、受講を終えてからの学習や就職についての相談にも乗ってくれました。

さらにメンタリングも週2回あるため、「メンタリングまでにカリキュラムを進めなければ」という感覚になり、学習の継続にもつながります。

周りに現役のエンジニアがいないという方がほとんどだと思いますので、これは良い点だと思います。

2. チャットで質問がいくらでもできる

現役のエンジニアでもそうなのですが、プログラミングをやっていると必ずエラーにハマります。プログラミング初心者のうちは、エラーを自力で解決するのは知識が少ないため時間がかかります。

質問をするとただ答えを教えてくれるのではなく、エラーを解決していく手法や考え方を教えてくれて、なるべく自力での解決に誘導してくれるので力がつきます。

ネットでの悪評を見ていると、答えを教えてくれないことに対する不満が見受けられますが、その批判は少し違うのではないかと思います。

3. オリジナルサービスを作ることがカリキュラムに組み込まれている

エンジニア転職を目指している人にとって、ポートフォリオは現在では必須になっているようです。そのポートフォリオの制作を、現役エンジニアの支えをもらいながらできるというのは、かなり魅力的な点だと思います。

プログラミングは知識を入れるだけでは絶対にできるようにならないので、自分で考えて0から何かを作るということがカリキュラムに組み込まれているのは、知識だけに終わらせず、身に付けさせるというスクールの姿勢が伺えます。

4. オンラインで受講できる

この点に関しては、メリットと受け取る人もいればデメリットと受け取る人に分かれるかもしれませんが、私はオンラインで受講できるという点に魅力を感じました。

地方に住んでいても受講できますし、地方に住んでいなかったとしても、教室への移動に時間を学習の時間に当てたほうが良いと思います。

5. 学割がある

これは社会人の方には関係ありませんが、学割があるので、学生の方には大きなメリットだと思います。

6. テキストが永久に見れる

中には、期間内にカリキュラムを終えることができない人も出てきたりしてしまうかもしれませんが、メンターのサポート期間が終了するだけで、テキストは継続してみることができます。

できる限り、期間内にカリキュラムを終えるべきだとは思いますが、忙しくて終えることができなかったときの保険にはなると思います。

テックアカデミーの微妙な点

1. カリキュラムがやや難解

私が受講していたときには、カリキュラムが難しいなと思うことが多々ありました。

しかし、結局のところは難解なことまで理解できなければ仕事にはならないので、メンタリングの際に難しいと感じたところを質問して、口で説明してもらうようにしていました。

2. 全くの初心者には難しい

カリキュラムがやや難解ということにもつながっているのですが、全くの知識がない人はカリキュラムの進行速度が遅くなってしまい、期間内に終えることができなくなってしまうかもしれません。

ですので、テックアカデミーを受講する前にprogate、あるいはUdemyなどで知識を少し入れておくことをオススメします。プログラミングが楽しく思えるかの確認にもなりますので、強くオススメします。

まとめ

以上の良いところと悪いところを踏まえて

お金に余裕がなく独学で勉強を継続できるのであれば、Udemyをオススメするが、お金に余裕があったり、学習の進捗管理をしてもらわないと継続する自信がない人はTechAcademyを受講することをオススメする。

という結論に至りました。

テックアカデミーの悪い口コミは、最初からプログラミングに適性がなく、カリキュラムを終えることができなかった人たちによるものなのではないのかなと思います。

私自身、今でこそ自分で学習を継続していますが、最初から独学だったとしたら今まで継続できたか?と聞かれたら、あまり自信を持ってYesとは答えられないです。

しっかりと学習の進捗管理をしてくれますので、プログラミングスクールに通うことを検討している人は、TechAcademyで学ぶと良いと思います。

今なら無料体験もできるみたいなので、1度試してみると良いと思います!
Webアプリケーションコース


スポンサーリンク
おすすめの記事